【走れ!安全くん】第36話 効果があるの?安全標語

2012.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

【前回のあらすじ】現場で保護帽の不備に気づいた畠山は、帽体や着装体とあごひも、衝撃吸収ライナーの20項目を作業者にチェックさせた。また、ヘルメット交換の目安などを作業者に伝え、作業者に保護帽の重要性を植え付けた。安全くんと石見くんも飛来落下用や墜落時保護用、電気用など状況に応じたヘルメットがあるのを知った。さらに、保護具を粗末にしていれば、安全意識のレベル低下につながるということを学んだ。…

画・松沢秀和

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年1月15日第2154号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ