【産業カウンセリングの現場から】第41回 「振り返り」と「再発予防策」

2013.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

復職支援を成功させるカギ

 私は休職事例の相談を受けるときは、職場復帰支援を成功させるために、社員と企業の双方に「振り返り」と「再休職予防策」の検討をするようにお勧めしています。特に、休職を繰り返す社員がいる場合、休職者が増加傾向にある企業の場合、この2つを検討することはとても有効です。

 まず、当事者である休職中の社員の「振り返り」と「再発予防策」を考えてみます。

 最近は、多くの精神科クリニックで復職支援のための「リワークプログラム」が行われるようになり、成果を上げていますが、そこでも「自己洞察」が重視されています。

 最近の論文では以下のように書かれています。「発症のメカニズムは似ていても…

執筆:東京産業保健推進センター メンタルヘルス対策支援センター 促進員
臨床心理士 精神保健福祉士 CEAP(国際EAP協会認定EAプロフェッショナル)
近藤 雅子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月1日第2179号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ