【建設業の労働災害事例】第246回 2階建ての屋根から墜落する

2017.11.27 【安全スタッフ】

災害の発生状況

1.当該工事は、既存の2世帯住宅の屋根の棟部(頂点部)を移動する工事で、下請け会社から施工管理者1名と大工2名の計3名で行われた。

2.災害当日の作業は、午前9時頃から3名で片側の屋根の棟部を延ばす打ち合せを行い、被災者が屋根にハシゴで登り、工事箇所の寸法を取った後、材料を組み立て、その後15mのロープで屋根に引き上げる作業を行った。

3.午前11時15分頃からみぞれが降り出し、屋根が濡れ始めていた。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年12月1日第2295号

あわせて読みたい

ページトップ