string(43) "/news/news_tag/%E9%A3%9F%E6%96%99%E5%93%81/"
string(8) "news_tag"

『食料品』の労働関連ニュース

2015.07.20【労働新聞】
機械止めて対処を 食料品製造業へ集団指導 さいたま労基署

 さいたま労働基準監督署(星野定美署長)は、労働災害が増加している食料品製造業者に集団指導を実施した。中央労働災害防止協会の松本郁夫安全管理士(写真)が説明した。 松本安全管理士は、トラブルの際には電源を落とすなど機械を停止し対処するよう指導。「ゴミが付着して止まったなどのちょっとしたトラブルは甘くみがちだが、機械を止めずに直すと巻き込ま……[続きを読む]

2014.12.01【労働新聞】
法違反率9割迫る 食料品製造へ集中監督 山梨労働局

 山梨労働局(三浦宏二局長)は、今年9月に実施した食料品製造業に対する集中監督の結果をまとめた。23事業場に立ち入り、労働法関係の違反がみつかったのは20事業場(87%)に上る。同労働局管内で食料品製造業の労働災害が多発していることが背景にある。……[続きを読む]

2014.11.03【労働新聞】
切創防止用手袋を 食料品加工時に有効 横須賀労基署

 神奈川・横須賀労働基準監督署(松島玲子署長)は指などの切れ・こすれを防ぐ「切創防止用手袋」の着用推進を呼び掛けている。切創防止用手袋は高強力ポリエチレンなどの高強度繊維を編み込んだ特殊な手袋である。 食料品加工業などで、包丁やハサミで指を負傷するケースがめだっており、保護具でのカバーも困難なため、「食料品を加工する際にも使用することがで……[続きを読む]

2013.06.17【労働新聞】
「できる作業」明確化 障害者雇用事例を公表 三重労働局

 三重労働局(藤井礼一局長)は、同県内の障害者雇用を後押しするため、このほど優良企業の事例を公表した。知的障害者の特性に配慮し施設清掃などの環境保全業務従事者として雇い入れ、雇用管理担当に経験豊富なベテランを配置している食品製造業や、特別支援学校の実習生を受け入れる際に「できる作業・できない作業」を文書で確認したうえで採用し、定着を円滑に……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ