『経済同友会』の労働関連ニュース

2022.05.16 【労働新聞 ニュース】
リスキリング支援を 持続的経済成長へ提言 同友会

 経済同友会は、政府による「骨太方針2022」の策定を前に、持続可能な経済成長と財政構造の実現に向けた提言をまとめた。成長を実現するための政府の役割として、産業・企業の新陳代謝の促進や、労働市場の流動化とリスキリングへの投資の促進などを挙げている。  生産年齢人口の減少が加速し、人手不足が継続するなか、生産性が低い部門から高い部門に経営資……[続きを読む]

2022.04.26 【労働新聞 ニュース】
スタートアップ対象に規制緩和 同友会が提言

 経済同友会は「創業期を越えたスタートアップの飛躍的成長に向けて」と題する提言を取りまとめ、スタートアップ企業における多様で柔軟な働き方を実現するための労働規制緩和を訴えた。  優秀な人材の活躍を促すため、一定の要件を満たした同企業に対する時間外労働の上限規制の適用除外と、個別契約による柔軟な労働契約の終了を可能とする法制度へのの見直しを……[続きを読む]

2022.03.28 【労働新聞 ニュース】
ワーケーション推進 労災適用の検討を 同友会

 経済同友会は、「地域共創のさらなる推進に向けて」と題する提言をまとめ、近年導入が進んでいるワーケーションを呼び水にして、地域へ向けた人の流れを作るべきと訴えた。国に対しては、労災補償制度の整備を求めている。  新型コロナウイルスの感染拡大を契機に職場と異なる場所で余暇を楽しみつつ仕事を行う「ワーケーション」に…[続きを読む]

2022.02.25 【労働新聞 ニュース】
“新契約形態”確立を 派遣、請負以外の選択肢 同友会

 経済同友会は、時間管理型でない働き方を可能にする新たな契約形態を確立すべきであるとした提言をまとめた。労働者派遣でもなく、請負でもない共同研究などに適した契約形態を追究すべきとしている。  「イノベーションが集積する日本の実現に向け、求められる経営者の覚悟と行動変容」と題する提言によると、…[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。