『福利厚生』の労働関連ニュース

2020.01.16 【労働新聞】
【フォーカス】ミクシィ/人材育成策 月額5500円の書籍購入補助 語学学習支援も開始

空き時間使い自分磨き  ㈱ミクシィ(東京都渋谷区、木村弘毅代表取締役社長執行役員、925人)は昨年、社員の自己研鑽を促すタイプの2つの人材育成制度を導入した。1つは「書籍購入支援」で、1カ月当たり5500円を上限に専門書や技術書、ビジネス書、自己啓発本など、様ざまなジャンルの本の購入をサポートする。制度利用方法を簡単にして、社員へ活用を勧……[続きを読む]

2019.12.24 【労働新聞】
インフル予防へ家族も補助対象 アステリア

 ソフトウエアの開発などを行うアステリア㈱(東京都品川区、平野洋一郎代表取締役社長)は、例年よりも早いペースでインフルエンザが流行していることを受け、社員と同居する家族を対象に、予防接種費用を全額補助する。子供の2回接種も範囲に含める。  同社では毎年、全社員に対して予防接種の費用負担を実施していた。[続きを読む]

2019.12.12 【労働新聞】
【フォーカス】RELATIONS/組織づくり 行動指針適う活動称え合う 社員間で投票を実施

月1万円の食事代補助も  RELATIONS㈱(東京都港区、長谷川博章代表取締役、48人)は業績拡大に伴い、積極的に社員を採用し、組織づくりに力を注いでいる。「従業員からも顧客からも信頼される会社」づくりが目標だ。その1つが、会社の行動指針に適う活動をした社員に票を投じる「バリュー投稿」。会社が利用するビジネスチャット上で、互いに活動を称……[続きを読む]

2019.12.06 【労働新聞】
福利厚生費が最高に 1人月11万3500円 経団連調べ

 経団連は会員企業などを対象に実施した「2018年度福利厚生費調査」をまとめた。企業が負担した福利厚生費は、過去最高額に達し、1人1カ月平均11万3556円(前年度比4.8%増)となった。  福利厚生費のうち法定福利費は8万8188円(同3.9%増)で、同じく過去最高額に。法定外福利費は、…[続きを読む]

2019.11.07 【労働新聞】
【フォーカス】東京個別指導学院/第二種衛生管理者の資格取得支援 管理者が自主勉強会を開催 全社的な取組みへ発展

参加者の合格率は90%に  個別指導塾のパイオニアである㈱東京個別指導学院 (東京都新宿区、齋藤勝己代表取締役社長)は第二種衛生管理者の資格取得に力を入れている。全国に250超の教室を展開する業態から、現場の労働衛生知識向上が課題だったため、資格取得をベンチマークとした。2017年にはエリアマネージャーが発起人となり、自主勉強会を開催。翌……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ