『福利厚生』の労働関連ニュース

2020.11.02 【労働新聞】
配偶者含め費用負担 骨粗鬆症検診促す 旭化成ファーマ

 旭化成ファーマ㈱(東京都千代田区、青木喜和代表取締役社長)は、国内に約1280万人の患者がいるといわれる骨粗鬆症について、40歳以上の従業員とその配偶者を対象とし、検診費用を全額補助する福利厚生施策を始めた。治療薬を提供している企業として、全社従業員の意識・リテラシー向上を図るのが目的。施策を通じて受診者の骨密度や健康意識などのデータを……[続きを読む]

2020.09.28 【労働新聞】
コロナ対応に熱視線 出社日単位で通勤費精算も 人事労務関係見本市

 国際見本市の企画・運営を手掛けるリード エグジビション ジャパン㈱は9月16~18日、働き方改革や福利厚生に関する大規模な展示会「東京 総務・人事・経理Week」を幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催した=写真。新たな試みとして、オンラインでの商談も可能にしている。会場内では、コロナ禍に対応したサービスを紹介する企業に注目が集まった。  た……[続きを読む]

2020.09.17 【労働新聞】
【フォーカス】㈱パセリ/健康増進対策 月額4000円まで手当支給 ジム費や予防接種に

K-1選手の直接指導も  資格情報サイトを運営する㈱パセリ(東京都千代田区、鈴木稔代表取締役、34人)は、ジムの会費・トレーニングウエアの購入費用・インフルエンザの予防接種などに掛かった費用の補填として1カ月上限4000円の健康増進手当を支給し、社員の健康増進対策に力を注ぐ。K―1選手から指導してもらえる法人契約も結んだ。さらに、食事に注……[続きを読む]

2020.06.17 【労働新聞】
社員と家族に抗体検査提供 戸田建設

 戸田建設㈱(東京都中央区、今井雅則代表取締役社長)は、福利厚生の一環として、希望する社員とその家族に抗体検査を実施する。検査キット1000個を調達し、5月末から首都圏勤務者を対象に開始した(写真)。検査は医療法人の協力を得て有償で行うが、キット代は同社が負担する。  人の出入りが激しい建設現場で働く社員の不安軽減を図るのが狙い。社内のヒ……[続きを読む]

2020.06.04 【労働新聞】
「曖昧な雇用」を保護へ 会員制度新設する 連合

労働相談のほか組織化も  連合は、インターネットを通じて仕事を請け負うフリーランスなど、労働関係法令の保護を受けにくい「曖昧な雇用」で働く就業者を対象とした会員制度を新設する。「連合ネットワーク会員」として登録すると、Q&A方式の回答コーナーを利用できるほか、有料特設メニューも用意し、弁護士への相談や福利厚生サービスが受けられるとした。集……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ