『禁煙』の労働関連ニュース

2020.04.07 【労働新聞】
禁煙対策広がる めだつ外来支援 カルビーや九州FG NEW

 健康増進法改正に合わせ、企業で社員の禁煙に向けた取組みが加速している。カルビー㈱(東京都千代田区)は2021年4月から「敷地内全面禁煙」にする。今年3月からは禁煙外来治療を受診した社員に対して1万円の費用補助を行う取組みなどを開始した。  同社では、17年から社員の禁煙に向けた対策を次々と打ち出してきた。…[続きを読む]

2020.03.29 【安全スタッフ】
4月から屋内禁煙 企業事例を公表へ 改正健康増進法で

 健康増進法の一部を改正する法律が4月1日に全面施行される。すでに学校・病院・児童福祉施設などが敷地内禁煙となっているが、4月1日からは事務所・飲食店などを原則屋内禁煙とする。屋内での喫煙には別途喫煙室の設置が必要になるほか、喫煙室には標識掲示が義務付けられる。厚生労働省はこのほど、受動喫煙防止対策に取り組む企業の事例を公開している。  ……[続きを読む]

2020.03.25 【労働新聞】
【今週の視点】受動喫煙防止対策が厳格化 原則屋内は禁煙に

改正健康増進法施行へ  改正健康増進法が4月1日に全面施行され、受動喫煙対策が厳格化される。第二種施設に当たる事務所や工場などが「原則屋内禁煙」となる。違反が発覚し、改善がみられない場合には罰則もあり、受動喫煙がマナーからルールに格上げされたといえる。健康経営の考えが広まるなか、企業は健康増進の機会と前向きに捉えたい。…[続きを読む]

2020.02.06 【労働新聞】
就業時間は全面禁煙 健康増進法が背景 コカ・コーラボトラーズ

 コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱(東京都港区、カリン・ドラガン代表取締役社長)は、今年1月から休憩時間を除く就業時間中の喫煙を全面的に禁止した。加熱式および電子のどちらも禁じている。社員の健康保持・増進をめざす。  喫煙場所が屋内にある拠点では、喫煙場所を屋外に移設して「屋内禁煙」とした。社有車内は、…[続きを読む]

2019.11.14 【労働新聞】
全面禁煙実施し喫煙率8%減へ KDDI

 健康経営を推進しているKDDI㈱(東京都千代田区、髙橋誠代表取締役社長)は、2020年4月に全国106カ所にある拠点で喫煙室を撤去して全面禁煙にする。21年3月までに、18年度時点で26.4%の喫煙率を18%以下に低減させる目標も掲げた。  同社では以前から喫煙率低下に向けた活動を進めている。18年度には、禁煙外来の受診促進や禁煙成功者……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ