『禁煙』の労働関連ニュース

2020.09.16 【労働新聞】
コロナ時代での先進事例集める 禁煙企業共同体

 大手を中心に33の企業・団体が参画する「禁煙推進企業コンソーシアム」は、コロナ時代における企業の先進的な取組みを公表した。サイト上で日本アイ・ビー・エム㈱などの事例を紹介している。  同社では今年5月から社員向けのレターで、毎月22日の「禁煙デー」に関する啓蒙活動を開始。リモートワーク環境下においても社員の禁煙に対する意識を高める取組み……[続きを読む]

2020.09.09 【労働新聞】
禁煙対策で認定制度 企業の取組みを評価 神奈川県

 神奈川県は、禁煙・受動喫煙対策に積極的に取り組む企業を対象とした「神奈川県たばこ対策協力企業認定制度」を創設した。一定の基準を満たした企業を順次認定していくもので、すでに公募を開始している。  認定の要件は、たばこ対策に係る取組みを行う社内態勢を整えたうえ、自社従業員以外にも県民に向けたたばこ対策の具体的な取組みや計画を公表していること……[続きを読む]

2020.06.18 【労働新聞】
健康経営 意識・行動変容などを評価 効果測定で手引き 経産省

社外への発信が可能に  経済産業省は、企業が従業員の健康の保持・増進に投資した効果を測定する際の手引きとなる「健康投資管理会計ガイドライン」を策定した。健康投資施策の具体的な範囲を示したほか、効果指標として「従業員の意識・行動変容」など3分野を挙げている。具体的には、禁煙の継続率や職場における体操の継続率などを指標とする。経産省は、投資効……[続きを読む]

2020.06.04 【労働新聞】
【フォーカス】キューサイ/心の健康づくり 困難乗り越える自信獲得 レジリエンス研修で 

ストレス対処方法を習得  キューサイ㈱(福岡県福岡市、神戸聡代表取締役社長、グループ連結498人)では、心の健康づくり対策として、ストレスとの付き合い方を考える取組みを推進中だ。中堅社員には、ストレスと向き合う姿勢を身に着ける「レジリエンス研修」を実施した。自己肯定感を高めさせ、困難な状況を乗り越える自信を付けさせようとしている。一方で全……[続きを読む]

2020.04.07 【労働新聞】
禁煙対策広がる めだつ外来支援 カルビーや九州FG

 健康増進法改正に合わせ、企業で社員の禁煙に向けた取組みが加速している。カルビー㈱(東京都千代田区)は2021年4月から「敷地内全面禁煙」にする。今年3月からは禁煙外来治療を受診した社員に対して1万円の費用補助を行う取組みなどを開始した。  同社では、17年から社員の禁煙に向けた対策を次々と打ち出してきた。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ