string(34) "/news/news_tag/%E7%9D%A1%E7%9C%A0/"
string(8) "news_tag"

『睡眠』の労働関連ニュース

2018.08.16【安全スタッフ】
【特集1】働き方改革のキモ オフ時に“拘束感”健康問題へ影響 「距離」の取り方がカギ

 仕事のパフォーマンスとオフの過ごし方には関係がある――各社で「働き方改革」の取組みが進むなかで、このような認識は広く浸透してきているが、具体的な留意点はあまり知られていない。今号特集1は、労働による疲労を専門に調査研究を行っている労働者健康安全機構の久保智英上席研究員に、「労働観」や「睡眠負債」を切り口に「よりよく休む」ための留意点をご……[続きを読む]

「帰りにくい」にも国民性が…
2018.07.04【安全スタッフ】
睡眠不足で事故 理解促す教育を 国交省が指針改正

 国土交通省は、自動車運送事業者が運転者に対して行う指導・監督の内容を定めた指針(告示)に、睡眠不足が交通事故の原因となることを理解させることなどを盛り込んだ。また、指針の具体的な実施事項などを示したマニュアルも改正している。 これまで指針では、交通事故に関わる運転者の生理的・心理的要因と対処法についての項目で、長時間連続運転などによる過……[続きを読む]

2018.06.25【労働新聞】
運転者教育を強化 睡眠不足への注意促す 国交省

 国土交通省は、自動車運送業による輸送の安全確保に向けて、運送事業者が運転者に対して行う指導および監督の内容を定めた指針(告示)を改正した。新たに、睡眠不足が交通事故の原因となることを理解させることとしている。……[続きを読む]

2018.05.29【安全スタッフ】
ヒヤリ・ハットを実態調査 建災防 心身に着目し防止策研究 直前の睡眠状況と関連探る

 建設業労働災害防止協会は、建設現場での不安全行動とヒヤリ・ハット体験に関する実態調査をスタートさせた。ヒューマンエラー災害の背景にある心身のストレス状況に着目したもので、研究分析により適切な防止対策の実施につなげることが狙いだ。不安全行動とヒヤリ・ハット体験の具体的な中身とともに、直前2週間の睡眠や精神面の状況を明らかにする。調査対象は……[続きを読む]

2018.05.28【労働新聞】
【今週の視点】運送業 睡眠不足時の乗務禁止に 点呼で状況チェック

SASや過労対策が重要 国土交通省は、バス、トラック、タクシーの運転者の睡眠不足に起因する事故を防止するため、今年6月から睡眠不足の運転者の乗務を禁止する。乗務禁止は事業者の義務で、乗務前点呼時に睡眠不足の有無をチェックする。必要な人員が乗務禁止にならないよう、事業者にとっては、睡眠時無呼吸症候群(SAS)への対処や、長時間労働削減の取組……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ