『産業医』の労働関連ニュース

2022.01.27 【安全スタッフ 特集】
【特集1】〝手作り〟健康施策が行動を変える 毎日アプリで設問に回答 自発的参加促す仕掛けも/富士通ゼネラル 健康いきいきチャレンジプログラム

 ㈱富士通ゼネラル(本社:神奈川県川崎市)は、社員に健康習慣への気づきを与えようと「健康いきいきチャレンジプログラム」に取り組んでいる。昨年10~11月をチャレンジ期間に設定し、社員はオリジナルのアプリを使って参加。クイズやミニゲームといった毎日アクセスしたくなる仕掛けを用意し、コロナ禍で集合するイベントを控えるなかで盛り上がりをみせた。……[続きを読む]

2021.12.22 【労働新聞 今週の視点】
【今週の視点】メンタルヘルス 主治医に情報提供を

認識のズレ解消へ 円滑な職場復帰めざす  職場でメンタルヘルス不調者が出た場合、産業医の選任義務のない中小企業は、主治医とコンタクトしておきたいところだが、不慣れなケースが少なくない。円滑な職場復帰のために本人を通じ情報提供を図り、会社と主治医の認識のズレを少なくすることが必要だ。一般財団法人あんしん財団は、主治医と連携のためのツールを開……[続きを読む]

2021.11.25 【労働新聞 ニュース】
船員健康管理 医師による面接指導義務化 産業医選任制度も 国交省が改正省令案

一定規模の船舶所有者へ  国土交通省は、船員の健康確保と労働災害の防止に向けた船員法施行規則等改正省令案を明らかにした。常時50人以上の船員を使用する船舶所有者に対し、産業医の選任や、長時間労働者への医師による面接指導、ストレスチェックの実施を義務付ける。面接指導は、1カ月の労働時間が240時間を上回り疲労が蓄積している船員を対象に、本人……[続きを読む]

2021.09.28 【労働新聞 ニュース】
家族含めて推進を 健診実施が早期発見に 健康経営会議2021

 健康経営会議実行委員会(委員長=斎藤敏一・㈱ルネサンス代表取締役会長)は、「従業員を資本とする企業経営の必要性」をテーマに「健康経営会議2021」を開催した。リアルタイム配信したパネルディスカッションでは、産業医である健康経営研究会・岡田邦夫理事長と優良企業の幹部らが意見を交わした(写真)。…[続きを読む]

2021.08.12 【労働新聞 ニュース】
テレワーク関連ニュースまとめ【2021年4月~7月】

このページでは、2021年4~7月に配信したテレワークに関する記事をまとめてご紹介します。 【テレワークで通達 労災の増加を想定し 厚労省】 厚生労働省は、都道府県労働局長あてに、令和3年度の「労災補償業務の運営に当たって留意すべき事項」について通達した。 https://www.rodo.co.jp/news/103617/ 【押印削減……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。