『動画』の労働関連ニュース

2021.06.07 【労働新聞】
動画で記入方法解説 今年度の算定基礎届事務 年金機構

 日本年金機構(水島藤一郎理事長)は今年度の定時決定にかかる算定基礎届の説明動画とガイドブックを作成した。同機構では毎年度、算定基礎届の事務作業を説明する講習会を開いていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年度から講習会に代え、説明動画の公開を始めていた。  動画では、提出に関する基本的事項に加え、…[続きを読む]

2021.05.17 【労働新聞】
意思疎通の円滑化へ 外国籍社員対応で動画 経産省

 経済産業省は、職場における日本人社員と外国籍社員の効果的なコミュニケーションを促すため、外国籍社員への対応のポイントを示した動画教材を作成した。発言などの意図が正しく伝わらない「ミスコミュニケーション」の具体的なケースを場面ごとに切り出した1分程度の短編動画と、ミスコミュニケーションを散りばめた3分程度のストーリー動画などで構成している……[続きを読む]

2021.05.13 【安全スタッフ】
10種類の保護具 動画教材を作成 中災防

 中央労働災害防止協会は、新入社員や異動者などの新入者を対象にした安全衛生動画教材「安全衛生保護具の基礎知識」を作成した。公益社団法人日本保安用品協会の協力を得た。10種類の安全保護具ごとに、選び方、使い方、管理方法などをイラストや映像で解説する内容で、視聴時間は各2~3分程度と短時間で学ぶことができる。パソコンやタブレットだけでなく、ス……[続きを読む]

2021.04.19 【労働新聞】
保護具の使用で教育動画を公開 中災防

 中央労働災害防止協会は、新入社員や異動者など新入者を主なターゲットとした動画教材「安全衛生保護具の基礎知識」を作成し、同協会ホームページで無料公開した。保護帽や墜落制止用器具などの正しい使い方を周知し、労働災害防止につなげる狙い。  動画では、保護具ごとに選び方や使い方、管理方法を解説。各保護具2~3分、全体を30分程度で学べるようにし……[続きを読む]

2020.11.12 【労働新聞】
リスク管理 管理職向けにプログラム パワハラを未然防止 厚労省作成

相次ぐ不祥事へ対処  厚生労働省は、管理者向けの職場リスクマネジメント力向上プログラムを公開した。近年、セクハラ、パワハラ、情報セキュリティーなどに端を発した不祥事が相次ぎ、職場環境の悪化や生産活動の停止に追い込まれるケースが少なくない。社内の業務ごとにリスクを洗い出したあと、リスク評価に基づいて優先順位を決定、実施計画を作成して対策に取……[続きを読む]

ページトップ