『労災補償状況』の労働関連ニュース

2021.07.13 【安全スタッフ ニュース】
労災請求が前年比減 脳心疾患関連5年で最少 厚労省・過労死等の補償状況

 厚生労働省は、令和2年度「過労死等の労災補償状況」を公表した。脳・心臓疾患に関する労災請求件数は784件で、前年度比152件の減となり、過去5年で最も少なかった。請求件数の多い業種(中分類)は、道路貨物運送業、その他の事業サービス業、総合工事業で、職種では、自動車運転従事者、その他の保安職業従事者、運搬従事者となっている。とりわけ自動車……[続きを読む]

2020.11.30 【労働新聞 ニュース】
請求は2132件 コロナ関連の労災補償 厚労省

 厚生労働省は、令和2年11月18日現在の新型コロナウイルス感染症に関する労災請求状況をまとめた。請求2132件のうち、決定1089件、支給1064件に達している。死亡者の遺族からの請求は20件だった。  同集計によると、最も件数が多い医療従事者などでは、請求1666件で、…[続きを読む]

2019.12.04 【労働新聞 今週の視点】
【今週の視点】被災した労働者の心をケア 労災支給件数が多く

対応誤ると職場に不信感  精神障害の労災補償状況で支給決定件数をみると「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」の項目は3番目となっている。一方で、被災者の心のケアをする体制を整えている企業は多くない。対応を誤ると労働者間の不信感や生産性低下を招くことになるが、事業主、管理監督者が適正に対応することで、安心感、信頼感を醸成し士気の高い職場をつ……[続きを読む]

2014.08.01 【安全スタッフ ニュース】
精神障害の請求が1409件で過去最多 厚労省

 厚生労働省は、平成25年度の脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況をまとめた。うつ病などの精神障害の労災請求件数は1409件で、前年から152件増加し過去最多となった。厚労省では、「精神障害について、労災保険給付の対象になるという周知が進んだことが請求増加の背景にある」とみている。 業務上として支給が決定された件数は436件で、昨年の47……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。