『バス』の労働関連ニュース

2021.08.18 【安全スタッフ】
法令順守や健康を審査 自動車運送の改善可視化 国交省・働きやすさ認証受付け

 国土交通省は、令和3年度の「働きやすい職場認証制度」(正式名称:運転者職場環境良好度認証制度)の申請受付をスタートした。対象となるのは、トラック事業者、バス事業者(乗合、貸切)などの自動車運送事業者。審査要件は、法令順守、労働時間・休日、心身の健康、安心・安全、多様な人材の確保・育成の5分野で、基本的な取組み要件を満たせば、認証を取得す……[続きを読む]

2021.06.28 【安全スタッフ】
休息11時間と提案も 告示を「守れる制度」に 厚労省専門委 改善基準見直しで

 厚生労働省労働政策審議会の自動車運転者労働時間等専門委員会は、トラック、バス、ハイヤー・タクシーの作業部会をそれぞれ設置し、議論を開始した。改善基準告示の見直しを図るもので、現在のところ委員からは、現行8時間以上となっている休息時間を11時間にすべきとの意見や、連続運転時間をバスの配置基準2時間に揃えるべきとの意見が出ている。また、20……[続きを読む]

2021.04.15 【労働新聞】
交通事故 年間死者数225人以下へ 事業用車両に新計画 国交省

初任者などの指導徹底  国土交通省は、トラック、バス、タクシーによる交通事故の削減目標や安全対策の方向性を示した「事業用自動車総合安全プラン2025」を策定した。令和7年度までの事業用自動車全体の目標として、交通事故発生から24時間以内の死者数225人以下などを掲げている。経験不足の運転者による重大事故も発生していることから、初任者などに……[続きを読む]

2021.03.29 【安全スタッフ】
行政処分 未受診者の事故追加 脳心疾患など健康起因なら 自動車運送事業で基準改正 国交省

 国土交通省は、事業用自動車の運転者の疾病により「運転を継続できなくなった事案」が増加傾向にあることを受け、事業者が健康状態の把握を適切に行わなかったために、運転者が脳・心臓疾患などで重大な事故を発生させたような悪質な違反を行政処分の対象に追加した。事故発生日から過去1年以内に法定の健康診断を受診させずに乗務させていた場合に適用する。初違……[続きを読む]

2021.03.22 【労働新聞】
認知症患者対応示す 交通機関向け接遇指針 国交省

 国土交通省は、鉄道やバス、タクシーなど交通事業者を対象に、認知症有病者に対する接遇の留意事項や交通手段ごとの対応方法を示した「接遇ガイドライン(認知症の人編)」を作成した。各事業者において社員教育に反映させることを期待している。  同省は平成30年5月、交通事業者における接遇レベルを向上させるため、高齢者や障害者への…[続きを読む]

ページトップ