『サバティカル休暇』の労働関連ニュース

2019.05.08 【労働新聞】
最長で半年間の長期休暇可能に オリコ

 ㈱オリエントコーポレーション(=オリコ、東京都千代田区、河野雅明代表取締役社長)は、長期間の休職を認める「サバティカル休暇制度」を4月1日からスタートした。  同制度は育児・介護や不妊治療などの両立支援、海外留学・資格取得などのキャリアアップ、さらにはボランティアなど休職事由を問わない制度。わが国企業での導入は珍しい。  休職期間は最長……[続きを読む]

2018.07.24 【労働新聞】
10年勤めて長期休暇 賃金3割支給し副業OK ファインデックス

 医療システム開発業の㈱ファインデックス(東京都港区、相原輝夫代表取締役社長)は全社員を対象に、有給で最長半年の長期休暇を付与する「サバティカル休暇制度」を導入した。勉強やボランティアに費やせるほか、原則禁止としている副業を実施することも可能だ。 勤続10年ごとに最長6カ月付与し、分割しての取得はできない。取得理由に制限は設けず、休暇明け……[続きを読む]

2018.06.25 【労働新聞】
キャリア形成へ長期休暇制 副業や留学など想定 MSD

分割取得で週休3日も 製薬業のMSD㈱(東京都千代田区、ヤニー・ウェストハイゼン代表取締役社長)は、社員の成長促進や、キャリア形成支援を目的に「ディスカバリー休暇」と名付けた長期休暇制度を導入した。年間40日付与し、語学留学や長期のボランティア活動への参加、副業の実施などを想定する。分割取得ができるため、週休3日で働くことも可能だ。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ