起業枠設け人材確保に DoCLASSE

2017.01.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 起業枠設け新卒採用に成功――洋服などの製造販売業の㈱DoCLASSE(東京都世田谷区、林恵子代表取締役、850人=パート含む)は、今年度から新卒採用を開始し、人材確保に成功した。目玉として、募集枠の一部に5年以内に独立・起業したい学生を採用する「アントレプレナー枠」を設けたことなどで、多くの学生からの応募につながっている。

 對馬加名子社長秘書HRマネージャーは、同枠について「社内に定着しなくても良い。世界へ出る人材が育てばと考えている」と話す。

 同枠以外にも、3年以内に店長をめざしたい学生向けの「ストアリーダー枠」など合計4枠で採用を行い、外国人を含む22人を確保した。

 對馬マネージャーは、「新卒者が増えることで本当の切磋琢磨が生まれる」と話しており、来年度以降も新卒採用に力を入れ、社員の新卒比重を高めていく方針。

 ※写真は12月1日に開かれた内定式のもの。

関連キーワード:
平成29年1月23日第3097号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ