2カ月半遅れ入社式を開催 安川電機

2020.07.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 産業ロボット大手の㈱安川電機(福岡県北九州市、小笠原浩代表取締役社長)はコロナ禍を受けて、通常から2カ月半遅れの6月22日に入社式を開催した=写真。リモートシステムで2拠点を結んで行っており、73人の新入社員は、本社と入間事業所(埼玉県)に分かれて参加した。

 新入社員は、初出社日となった同日まで、自宅でズームを活用した研修を受けている。内容は、「社会人基礎の講義や、課題図書に対する作文などだった」(同社広報部)という。入社式翌日からの集合研修を経て、同月29日に仮配属先に異動した。配属先は、研修を通じて決めている。

 入社直後から1年間行う職場ローテーションは、今年は取りやめた。

関連キーワード:
令和2年7月13日第3264号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ