求人広告件数 約4割減少に 4月・全求協調べ

2020.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国求人情報協会(鈴木孝二理事長)によると、2020年4月分の求人広告掲載件数は、週平均99万4124件で、前年同期比37%減少したことが分かった。

 最も大きく下落したのは、サービス業のうちでも「接客」の58%減少、次いで「調理」の44%減少だった。雇用形態別では、契約社員やアルバイト・パートの減少幅が大きい。

関連キーワード:
令和2年6月8日第3260号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ