総合職22万円超へ 初任給12年ぶり引上げ 伊予銀行

2020.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱伊予銀行(三好賢治頭取)は、4月入社の新人に対し、12年ぶりとなる初任給引上げを実施した。コースによって5000円ないし1万円増額し、大卒総合職については22万1000円まで高めている。

 同行では2016年秋にコース別人事制度を再編しており、総合職以外のコースとして、転居を伴う転勤のない特定総合職、さらには業務内容を事務に限定するオフィスコースを設けている。大卒初任給は…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年4月27日第3254号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ