営業継続へ指針策定 集団型レッスン控える フィットネス業界団体・コロナ対策

2020.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人日本フィットネス産業協会(吉田正昭会長、略称FIA)は、会員企業向けに新型コロナウイルス対応ガイドラインを策定した。所管する経済産業省と連携し、各施設が営業を続けるに当たって徹底すべき対策を明らかにしている。集団型スタジオレッスンなどに関しては、しばらくの間、控えることが望ましいとした。

 ガイドラインの冒頭では、施設内への感染者の入場を防ぐため、どのようなケースで入場を断るかを明示した。糖尿病などの基礎疾患がある場合も、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年3月16日第3249号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ