障害者雇用で3000件を掲載 全求協キャンペーン

2020.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益社団法人全国求人情報協会(鈴木孝二理事長)は昨年7~9月に実施した「障がい者雇用支援キャンペーン」結果を取りまとめた。前年を上回る2832件の求人情報が会員企業の発行誌などに掲載され、2744件の応募・問合わせがあった。72人が採用につながっている。

 キャンペーンは、会員企業の求人情報誌や求人ウエブサイトに、障害者の雇用を希望する企業の求人情報を無料で掲載するもので、2004年以降毎年実施している。過去10年の無料掲載件数は約23万件、応募者数は延べ2万1000人、採用者数は943人に上る。

 期間中には、求人企業を対象に募集・雇用に関する留意点や事例をまとめた小冊子を配布するなどして周知啓発活動も展開した。

関連キーワード:
令和2年1月27日第3242号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ