安衛関係届出で入力支援を開始 厚労省サービス

2020.01.14 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」を開始した。事業者が労働安全衛生法関係の届出・申請などの帳票を作成・印刷する際に、誤入力・未入力に対するエラーメッセージの表示や、書類の添付漏れに対する注意喚起、過去の保存データを用いた入力の簡素化などを行うもの。

 対象とする帳票は、総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医選任報告、定期健康診断結果報告書、心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書、労働者死傷病報告(休業4日以上)。

 https://www.chohyo-shien.mhlw.go.jp/にアクセスし、帳票を作成後、印刷して労基署に提出する。

関連キーワード:
2020年1月15日第2346号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ