〝過労死根絶〟を訴え 電通自殺女子社員の母

2016.11.24 【労働新聞】

 過労死等防止対策推進全国センターや全国過労死を考える家族の会、過労死弁護団が協力団体に名を連ねる厚生労働省主催の「過労死等防止対策推進シンポジウム」が11月9日に東京で開かれ、長時間労働の末に過労自殺した電通の女子社員・高橋まつりさんの母・幸美さんが、癒えぬ思いや過労死根絶を訴えた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年11月21日第3089号6面

あわせて読みたい

ページトップ