加藤裕治氏が合格 元自動車総連会長など 司法試験

2012.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中部産業・労働政策研究会(中部産政研)の加藤裕治理事長が、今年の司法試験に合格したことが分かった。60歳の還暦で臨んだ初挑戦で一発合格という快挙。

 合格者2102人の平均年齢は28.54歳。最高年齢は63歳で最低年齢は21歳となっており、年齢はもとより受験回数でみても、加藤理事長が極めて少数派に属していることが分かる。

 01~08年まで自動車総連会長や連合副会長、金属労協(IMFJC、現在はJCM)議長を務めていた。

 今年の司法試験合格者の発表は9月11日。

関連キーワード:
平成24年10月1日第2891号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ