18の厚年基金を新たに指定 厚労省・健全化へ

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は11月30日付で、早期かつ確実に財政健全化を図るべき厚生年金基金(指定基金)として、新たに18基金を指定した。

 指定基金制度は、積立水準が著しく低い基金を厚労大臣が指定し、5年間にわたる財政健全化計画を作成させ、これに沿った事業運営を指導するもの。現在、合計97基金を継続指定している。

関連キーワード:
平成24年12月24日第2902号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ