最賃引上目安4~5円示す 労使合意ならず

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央最低賃金審議会は平成24年度地域別最低賃金改定の目安を厚生労働大臣に答申した。小委員会では、数次にわたり会議を開いたものの、労使意見の隔たりが大きく目安を定めるに至らなかった。このため、公益委員見解を地方最低賃金審議会に示すとしている。

 公益委員が提示した引上げ目安は、Aランクが5円で、それ以外のBランク、Cランク、Dランクはともに4円である。

 ただし、生活保護水準と最賃額にかい離が生じている、北海道、青森、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、広島の11都道府県については、同かい離額と解消予定年数を考慮して決定する。

 同かい離額は、青森の5円から北海道の30円まで開きがある。

関連キーワード:
平成24年8月13日第2884号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ