海外進出で「空洞化」せず 従来の考え方改めて アジア市場需要を取込め 厚労省報告

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 アジアへの海外事業展開は国内雇用を維持するために必要不可欠――厚生労働省は、今後の日本の成長を支える雇用政策のあり方を提言した雇用政策研究会報告(案)をまとめ、企業の海外展開が国内雇用の空洞化を招くとする従来の考え方を改めるべきであると強調している。海外で得た利益の国内への還元も進んできており、雇用創出の源となり得るとした。大企業が複数の中小企業をまとめて海外展開する場合には何らかの支援策を講じる必要もあるという。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年8月13日第2884号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ