女性活躍推進へ実践マニュアル 21世紀職業財団

2012.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈶21世紀職業財団は、中小企業における女性の活躍推進を後押しするため、「ポジティブ・アクション実践的導入マニュアル」を作成した。

 女性活用の現状分析から具体的な取組み計画の作成・実施・見直しまでの手順を紹介したほか、企業が直面しやすい30項目の課題について解決方法を提示した。

 例えば、責任の増大などを理由に女性社員が管理職への昇進に消極的なケースについては、経営者が、女性社員の活躍を全面的に支援する方針を打ち出し、女性社員の不安を軽減するようアドバイスした。

 社内に手本となる女性管理職(ロールモデル)がいない場合には、社外の交流会に参加させ、女性管理職と触れ合う機会を作る。管理職候補者同士による会議などを通じて、昇進前に連帯感を強める取組みも有効とみている。

関連キーワード:
平成24年3月12日第2864号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ