【特集1】他部署の目でリスク発見 慣れによる危険行動を指摘 災害未然防止へ「公開作業」/㈱日本製鋼所横浜製作所

2016.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働災害を未然に防ぐため、作業に潜むリスクの洗出しと対策を進める㈱日本製鋼所横浜製作所(横浜市金沢区)。他部署の従業員の目による公開作業では、感覚的なクレーン操作による誤操作など、作業に慣れた人がつい見落としがちな危険行動や危険箇所を指摘し、作業の改善へとつなげている。また、「仮想ヒヤリハット」では、他社の災害事例を自らの工場内作業に当てはめて対策を練る工夫も講じる。中央安全衛生委員会や職場合同安全衛生研究会など、経営層、従業員が参加する活動が、事業場全体で安全な事業場を作る雰囲気を醸成していく。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ