受講者間の議論を 高度経営人材養成で提言 文科省

2019.08.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 文部科学省は、「我が国の経済社会を牽引する高度経営人材養成の在り方について」と題する報告書をまとめた。日本が今後、世界経済の重要な位置を占め、持続的な経済成長を実現していくためには明確なビジョンを持ち、経営の視点から社会のあるべき姿を提言できる「高度経営人材」の養成に取り組まなければならないとし、求められる能力や人物像、教育の方法などを示している。

 対象者は勤務経験15年以上の役員候補またはそれに準ずる中核人材で、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月26日第3222号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ