最多相談内容は人間関係の悩み カウンセラー協会

2019.05.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人日本産業カウンセラー協会では、2~3月の10日間に実施したスマホアプリLINEによるチャット形式の相談「働く人のこころのLINE相談@JAICO」の結果をまとめた。

 それによると、10日間で138人から146件の相談が寄せられた。相談内容で最も多かったのが「人間関係の悩み」で36件だった。次いで「心の悩み」が17件、「家庭の問題」11件と続く。年代別では40歳代の相談が最も多く、31.5%を占めた。

ジャンル:
令和元年5月6日第3207号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ