多様な働き方へ意識改革重要に 関経連が女性活躍推進で報告書

2016.09.01 【労働新聞】

 多様な働き方の普及には仕事と家庭の両立支援制度の拡充に加えて女性労働者や管理職などの意識改革が重要――関西経済連合会(森詳介会長)は、女性の活躍推進に役立つ雇用システムに関する報告書を取りまとめた。短時間勤務や在宅勤務などの両立支援制度(多様な働き方)などについて、企業への導入時の課題と対応策を提示している。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年8月29日第3078号2面

あわせて読みたい

ページトップ