【スポット】保護具知識の「伝道師」に 適正使用へアドバイザーを養成/日本保安用品協会

2016.08.05 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 騒音や粉じん、振動などから身を守る保護具だが、誤った使い方をすると真価を発揮しない。(公社)日本保安用品協会では、事業場を訪問して保護具を適正に活用する〝伝道師〟役になる「保護具アドバイザー」の養成に力を入れる。7月4日からの3日間で行われた講習には、保護具メーカーの社員など約30人が参加。耳栓、ヘルメット、安全帯、呼吸用保護具の正しい使い方などについて集中講義を受けた。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第2263号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ