最賃未満の割合 神奈川が最多に 厚労省集計

2018.11.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、全国における最低賃金の履行状況を明らかにした。平成29年賃金構造基本統計調査を基に、最賃改正前に最賃を下回っている労働者の割合(未満率)を集計したところ、神奈川、大阪、北海道で未満率が高かった。

 未満率は、全国計で1.5%。都道府県別では、神奈川が3.2%で最も高く、次いで、大阪が2.4%、北海道が2.2%となっている。

 最も高い神奈川の状況をみると、宿泊業・飲食サービス業のほか、卸売業・小売業、製造業で未満率が高い。臨検監督における違反理由では、「最賃額を知らない」「売上減・コスト増による不払い」が多い。

 大阪では卸売業・小売業、宿泊業・飲食サービス業に加え、医療、福祉でも未満率が高い。

平成30年11月26日第3186号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ