【今週の視点】「入管法改正法案」成立を 特定技能創設は是

2018.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

魅力的出稼ぎ先に必須

 新たな在留資格「特定技能」の創設に向けた政府の動きは、人手不足にあえぐ事業者にとって福音に違いない。事実上の「移民」だとして批判するムキも多いが、外国人材の争奪戦が始まっている国際舞台で、日本が魅力的「出稼ぎ先」ではないとみられたら元も子もない。今臨時国会で入管法改正案の成立を図り、多文化共生の道に歩を進めるべきだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月12日第3184号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ