「商業使用人」退ける 代理店に会社従属性なし ベルコ裁判 札幌地裁判決

2018.10.12 【労働新聞】

 連合を挙げて支援した冠婚葬祭業大手㈱ベルコの代理店長らが会社を相手に起こした裁判の判決が9月28日に札幌地裁であり、「ベルコとの間に労働契約は成立していない」とする労働側全面敗訴の判断が示された。

 ベルコの代理店で労働組合を結成しようとした2人の労働者が実質的解雇の憂き目に遭ったもので、同社の地位確認を求め、ベルコ本社を相手に2015年に提訴した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年10月15日第3180号4面

あわせて読みたい

ページトップ