地域一体で無災害 ステッカーを配布 香川・観音寺労基署

2018.10.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 香川・観音寺労働基準監督署(瀧幸治署長)は、年末年始の100日間無災害であった事業場に達成証を交付・表彰する「セーフワーク100」と銘打った無災害運動をスタートさせる。9月21日には管内47社の建設業者を集めた説明会を開催した。

 瀧署長は説明会で、「地域でまとまって災害を減らすことが大事」と挨拶。参加者に取組説明を行った後、ヘルメットステッカー(写真)1000枚を配布している。地元の建設関係組合のほか観音寺市、三豊市が後援し、地域ぐるみの取組みを目指す。運動期間は今年10月8日~来年1月15日。

平成30年10月15日第2316号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ