【賃金調査】中労委/27年退職金・定年制調査 定年モデル退職金 大卒・総合職で2500万円弱

2016.05.30 【労働新聞】

確定拠出の採用率6割に 前回調査から1割減

 1000人以上の大手企業を対象とする中央労働委員会の「退職金、年金および定年制事情調査」によると、定年モデル退職金は大卒・総合職で2490万円、高卒・生産労働者では2110万円だった。2年前の前回調査と比べると、大卒・総合職が8.9%減と大きく落ち込んでいる。退職年金のある企業は全体の95%を占め、そのうち確定拠出年金を採用する割合は62%だった。再雇用者の基本給設定では、49%が定年前の5~8割未満、33%が5割未満としている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年5月30日第3066号8,9面

あわせて読みたい

ページトップ