【特集2】安全衛生パトロールの上手な進め方・下 主舞台はミーティング

2018.08.20 【安全スタッフ】

議論を深めて職場に安全を根付かせる

 パトロールは、経営トップが本気で安全衛生に取り組んでいることを分かりやすい形でアピールする重要な活動と、労務安全衛生監査センターの東内一明代表理事は指摘する。今号は、具体的なチェックリストの例を示すとともに、結果のフィードバックについて解説する。「見せるパトロールの主舞台」は、ミーティングにあるといい、経営トップは肉声で思いを語るよう求めている。また、議論を経ることで安全を職場に根付かせるとした。…

執筆:一般社団法人労務安全監査センター
代表理事 東内 一明

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年8月15日第2312号

あわせて読みたい

ページトップ