運営・設置基準 企業主導型保育所7割に違反 健診関係は48施設

2018.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

指導内容をウェブへ公表

 企業主導型保育所432施設のうち7割に、運営・設置基準を満たしていないとして文書指導を実施――同施設への立入り監査を行った公益財団法人児童育成協会がこんな結果を発表した。人員配置を定める保育従事者数に関する指導は47施設に上っている。労働法令違反も疑われる健康診断に関する違反は48施設で確認。早期改善と、広く他社での違反防止に向け、指導内容を施設名入りでウェブ上に公表している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月2日第3155号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ