客席面積100平方メートルが基準 飲食店の原則屋内禁煙 健康増進法改正案

2018.03.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 政府は、多数の人が利用する場所での受動喫煙対策を定めた健康増進法改正案を国会に提出した。学校や病院、官公庁を屋内全面禁煙とするほか、新規開設または資本金5000万円超などの飲食店は屋内原則禁煙とする。

 学校、病院、官公庁については、受動喫煙防止のための必要な対策を講じた屋外の特定の場所での喫煙を認める。

 飲食店は、原則として喫煙専用室内でのみ喫煙を認めるが、加熱式たばこについては、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月26日第3154号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ