経営判断力向上も 健康経営で成果を発表 神奈川県が実証実験

2016.04.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 20160229014327神奈川県は、平成27年度に企業や団体に参画を募り実施した健康経営実証実験の成果を報告するパネルディスカッションを開催した=写真

 実証実験の報告では、経営者の健康を大きなリスクと捉えた横須賀商工会議所が、ウォーキングプログラムを実施したケースに注目した。多忙な経営者に対し、普段の生活を変えずに実施できるものとしている。参加した経営者から判断力が向上したなどの見方が出ている。同県は企業や団体に対し、組織内に健康経営最高責任者(CHO)を設置する「CHO構想」を掲げるなど、積極的な対策を展開している。

ジャンル:
平成28年4月11日第3060号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ