賃金以外の処遇同一 有期契約全員を無期転換 札幌丸井三越

2018.02.15 【労働新聞】

 労働契約法の改正に伴い、通算5年を超えて同一の職場で働く非正規労働者が本人の申出に基づき無期雇用に転換することができる、通称「無期転換ルール」の施行が今年4月に迫るなか、㈱札幌丸井三越(北海道札幌市、伊藤達哉代表取締役社長執行役員、1200人)は、日給制および月給制で働く有期の契約社員850人全員を無期雇用に転換する。賃金以外の労働条件を全て、正社員と同じに切り替える。

 今年4月以降、850人を無期の契約社員扱いにし、賃金以外の処遇を正社員と同一にする。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年2月12日第3148号3面

あわせて読みたい

ページトップ