信頼できる情報で人材の確保を 東京社労士会

2017.12.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京社会保険労務士会(大野実会長)は、企業の働き方改革を後押しするため、人事担当者などを対象に「サイバー法人台帳ROBINSによる経営労務診断サービス」の説明会および個別相談会を開催した=写真

 同会経営労務監査・労働条件審査特別委員会の根本啓明委員が、「ウェブ上では不確かな企業情報があふれている」としたうえで、第三者の社会保険労務士による「経営労務診断」を受け、結果を企業データベースサイト「ROBINS」で公表すれば、企業の信頼性の高さをアピールできると訴えた。

 また、人手不足が社会問題化するなかで、人材確保に向けた有効な手段としても活用できると強調した。

関連キーワード:
平成29年12月11日第3140号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ