強い現場つくる活動を 愛知県内で安全衛生スタッフ研修会

2013.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知県内の企業の安全衛生スタッフが参加する愛知安全管理者交流会など3つの自主活動グループは3月6日、合同研修会を開催した。

 「元気な職場をつくる実践的な安全活動」と題し、安全と人づくりサポートの古澤登代表が講演し、部門間で連携して現場の不具合を安全設計に反映したり、相互注意できる組織づくりでヒューマンエラーを防止するなど、強い現場をつくるための活動例を紹介。また、トップの意志を突き動かすことが重要とし、「安全活動は必ず経営を良くする」と参加者へ説明した。

ジャンル:
平成25年4月1日第2183号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ