安衛法提出は〝仕切り直し〟 「再検討し内容固める」 田村厚労相

2013.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 田村憲久厚生労働大臣は大臣就任にあたり、専門誌記者クラブとの合同記者会見を開いた。

 前国会で廃案となった改正労働安全衛生法については、メンタルヘルス対策が重要な課題となっているとしたうえで、「一度仕切り直しをさせていただき、状況を整理したい」という考えを明らかにした。「再度中身を審議し、内容を固めてから法案として国会に提出する。(以前の法案と)同じもの出すとは限らない」としている。

 策定が進められている第12次災防計画は、2月中にも諮問し公表する予定とした。労災が増加している第3次産業対策や重点業種ごとの目標を定め、しっかりと対処していくとしている。

関連キーワード:
平成25年2月15日第2180号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ