エチルベンゼンが特化物に 政省令改正で説明会開く 造船3団体

2013.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈳日本造船工業会、㈳日本中小型造船工業会、㈳日本造船協力事業者団体連合会は12月7日、ナビオス横浜(神奈川・横浜市)で「改正エチルベンゼン3団体合同説明会」を開催した。今年1月1日からエチルベンゼンが特定化学物質に指定されたため対応を図ったもの。

 造船業では船体塗装の塗料としてエチルベンゼンを含む溶剤を使うことが少なくないが、エチルベンゼンには発がん性や生殖毒性も指摘されている。安全データシート(SDS)による確認や規制対象となる業務、蒸気の発散源対策や呼吸用マスクの使用義務などのポイントを、厚生労働省化学物質評価室の松井孝之室長が説明した。

平成25年1月15日第2178号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ