利益の還元行い 労働者を定着へ 請負化推進協議会

2016.07.11 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 一般社団法人全国請負化推進協議会(野々垣勝代表理事)は、第5回定時社員総会を愛知県名古屋市で開催した=写真

 平成27年度事業報告と28年度事業計画案の決議したほか、野々垣代表理事による特別講演を実施した。

 特別講演では、請負ビジネスは労働者派遣事業と異なり、自社の生産性を向上させれば自社の利益の増加につながりやすいため、労働者に利益を還元できると指摘。利益を還元することで、労働者の定着を図れるとした。多様な労働者による多様な働き方も用意すれば、人材確保も可能になると話した。

関連キーワード:
平成28年7月11日第3072号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ