感謝の気持ちをポイント化 「仲間給制度」開始

2017.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ケータリングサービスなどを行うスターフェスティバル㈱(東京都渋谷区、岸田祐介代表取締役社長、320人)は10月から、「仲間給」制度を開始した。同僚への仕事上の感謝の気持ちを「ポイントを贈ること」で示す。獲得したポイントは半年ごとに換金する。

 各社員は毎月付与される1000ポイントを、100ポイント単位で同僚に贈る。受け取ったポイントは「1ポイント=1円」として扱い、半年ごとに保有ポイント分の換算額を支給する。「岸田社長の『社員みんなが目玉になってほしい』という思いを制度化した」と同社広報担当者。

平成29年11月20日第3137号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ