自然と客が喜ぶ対応か審査 接客販売で技能検定 日本百貨店協会・今月に初回

2017.11.15 【労働新聞】

イメージ向上などめざす

 日本百貨店協会(赤松憲会長)は、接客販売業の社会的認知度やイメージ向上、および人材確保などに向けて「接客販売技能検定」を創設、今月15日に第1回試験を実施する。ファッション用品および贈答品の販売に関する知識・技能を評価するもの。試験の一部であるロールプレイングでは、評価軸を「自然と客が喜ぶような接客をしているか」に定める。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年11月13日第3136号3面

あわせて読みたい

ページトップ