政権継続極めて遺憾 衆院選で連合談話

2017.11.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合は10月23日、先の衆院選で自公政権の継続が決まったことを、「極めて遺憾」と記した相原康伸事務局長名の談話を発表した。

 「与党1」対「野党1」の構図が描けず、結果的に自公を利する形となったことは「非常に残念といわざるを得ない」と述べている。

 希望の党の出現で仲間の多くを失ったことを「痛恨の極み」としつつ、「今後も二大政党的体制の構築をめざす」と明記している。

関連キーワード:
平成29年11月6日第3135号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ