終身雇用前提を改定 非正規の雇用安定に配慮 社会保障改革会議・報告書

2013.08.19 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 1970年代モデルから21世紀日本モデルへ転換を――政府の社会保障制度改革国民会議(会長・清家篤慶應義塾長)は、このほど報告書を明らかにし、右肩上がりの経済成長と正規・終身雇用制度を前提とした社会保障システムを改める必要性を強調した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月19日第2933号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ